まぶたの痙攣 が起きた時は目薬でリフレッシュすると良い

まぶたがピクピク痙攣 する時はたいていパソコンや細かい作業などを長時間操作したりして目の疲れが極度に溜まっている状態であることが多いです。これは目を酷使したことによってまぶたの神経が過敏になってしまって痙攣 を起こしてしまうのです。

 

こういう状態になってしまったら、まずパソコンなどから目を離して、ゆっくりめをつぶって休ませてあげるようにしましょう。そしてその際に眼精疲労に効果のある目薬を差してあげると、よりスピーディーに回復させることができます。

 

他にもアイスパックなどを目の上に当ててあげるとまぶたの痙攣も次第に治まってくることが多いようです。これらがすぐにできる一般的な対処法になります。それでもまぶたの痙攣 が目薬や休憩だけで治らず2、3日かそれ以上ずっと続くようであれば、むやみに自己判断をせずにすぐに眼科を受診した方が良いでしょう。

 

あまりに長いまぶたの痙攣は普通ではありませんし、何らかの異常が起きている可能性もあるので早め早めの手当が肝心です。目は疲労がたまるとこういったトラブルが起こりがちです。こういう不快症状が起きる前に、定期的な休憩をして目を休ませる工夫を日頃からしておくことがとても大切なのです。

page top