名医も推奨 眼瞼痙攣にはボトックスが有効

まぶたの上が自分の意思に関係なくピクピクする、皆さんこのような経験があるかと思います。パソコンのやりすぎで目が疲れているのかな?などと考えて、冷やしたり目を閉じたりしている間に治ってしまう。そしてしばらくすると再発する、こんなことを繰り返してはいませんか?
実は、眼瞼痙攣の原因はパソコンによる疲れ目などではなく、まばたきの異常による病気だと知っていましたか?病気と言われても、ただまぶたがピクピクするだけなので、放っておいても大丈夫なのでは?などと考えているかもしれませんが、本当は結構怖い病気なんです。
病状はゆっくりと進行するので、重症になるまで何とも思わない人がほとんどです。実際にそのまま治ってしまう人もいます。しかし、病状が進行して悪化すると、次第に痙攣の回数が増えてきます。そしてそのまま重症化すると、最悪の場合にはまぶたが開かなくなるということもあるそうです。
まだ解明されていないことが多い眼瞼痙攣ですが、これまでは内服薬や手術による治療が行われて来ました。それでも治癒する確率は低く、有効な治療法はありませんでした。そんな眼瞼痙攣ですがボトックス治療法が有効と名医も推奨をしています。ボトックスはもともとは有毒なボツリヌス菌の毒素をコントロールした上で患部に注射することで筋肉を弛緩させる治療法です。眼瞼痙攣でお悩みの方はボトックス治療法を行なっているクリニックに相談することをお勧めします。

page top