片側顔面痙攣の進行速度について

私は以前片側顔面痙攣になったことがあります。その前にも、まぶたの痙攣を起こしてしまい治療したことがありました。「アイアクト」という商品と出会ったことでなかなか治せないと思っていたまぶたの痙攣を改善。商品自体もコンパクトで持ち運びが楽でしたし、マッサージ効果もあったため、嫌にならずに続けることができたのです。その結果、1か月くらいあればすっかり治りました。その後しばらくしてから、片側顔面痙攣になってしまい、一度医師の人に見てもらうことにしたのです。医師の方からはストレスが関係していると話を聞きました。他にも原因はあるらしいのですが、思い当たることは、慣れない仕事をしていたことで疲れ切っていたこと。これが、片側顔面痙攣に繋がったのではないかと思ったのです。その進行速度についても話を聞きました。どうやらまぶたの痙攣も、人によっては個人差が大きいらしいのです。私の場合は片側顔面痙攣になる前、まぶたが治って1年くらいしてから、口元に違和感を感じたのです。そして次は頬あたりが重く感じました。少しでも顔に違和感を感じた場合は、すぐ診察することをお勧めします。なってしまってからでは遅いので、早めの対応が大切です。

page top