まぶたがピクピクと痙攣する原因は栄養不足の可能性が

まぶたがピクピクなって煩わしい、そんな経験をした人は多いのではないでしょうか。そもそもなぜまぶたが痙攣を起こしてしまうかというと、その原因にストレスとビタミン不足があげられます。
現代はパソコンやスマホなどで目を酷使することが多く、疲れやすい状態が続きます。すると目がストレスを受け、有害な物質が生成されてしまいます。まぶたの痙攣は、この有害な物質をなくすためにタンパク質を使い、その結果タンパク質不足になり引き起こしてしまうのです。まぶたがピクピクすることを不快に思っているのでしたら、適度に目を休めたり、目の周りや肩や首周りをマッサージをして、疲労がたまらないように心がけることが大切です。
また、ビタミンが不足することでもまぶたの痙攣を引き起こす原因になります。特にビタミンA、B1、B2、Eが不足すると痙攣しやすくなります。この他にもビタミンCやカルシウムが不足することによっても起こってしまう原因になりますので、日頃からバランスのとれた食事を取り、栄養をきちんと取ることが大切です。これらのことを行うことにより、まぶたの痙攣の頻度を減らすことができます。
けれども、まぶたの痙攣は、他の病気が隠れていることがあるので、痙攣が頻繁に起こるようでしたら、一度眼科を受診することをお勧めします。

page top